カテゴリ:BOSTON CLOTHIER( 3 )

ファントム戦闘機の飛び交う1950年代〜60年代の
東京国道16号線横田基地第2ゲート付近は、
当時の空軍アメリカ人相手のチャイニーズテーラーをはじめとする
18軒のテーラーが軒を連ね、当時の最先端ファッションを誂えていた。
e0194451_20363428.jpg

都内ではまだ入手出来なかった本格的な洋服を求めて
お洒落な音楽好き人間を中心に日本人も都心から買い物に訪れていた。
今も昔も福生の街が一番好きと言う人は実に多い。
e0194451_2037087.jpg

当時のアメリカントラッドの価値観を頂点と考えている洋服好きには、
BOSTON CLOTHIERのSACK SUITSを選択する事は最も正しい選択と言えるでしょう。
e0194451_20371898.jpg

$の表示が当時を物語ります。
[PR]
by bostonclothier | 2009-08-22 20:38 | BOSTON CLOTHIER
e0194451_19391283.jpg






































3ボタン段返り中一つ掛け、ナチュラルショルダー、ノーマルウエスト、
低いフラップポケット、1/4インチフルミシンステッチ。
当時の進駐軍のバタ臭い感じが表現されている。
極めて単純なスーツだが、この型しか着ないSack Coatのファンが世界中にいて、
No.1 Sack Suits、業界型番1、通称1型と言われ、いつの時代も終わる事がない。

脚が格好良く見えるアメリカ独自のトラウザースパターンなど、
当時のインチスケール裁断方法で洋服が作られているので、
肩線から放物線を描く自然なナチュラルショルダーや、
胸板の有る立体的骨格を服がドレープで表してくれます。
初めは固くてしっかりしているけれど、
日に日に柔らかくなり着心地がさらに良くなるという作りになっている。
使い込む度に良い感じでヤレて馴染んでいくのもこの手の服の醍醐味の一つ。


BOSTON CLOTHIERのオリジナル商品はすべて、BOSTON TAILOR Co.の監修により作られています。
完全自社製品ですので、同じ縫製手段の商品は他店では一切入手出来ません。www.bostontailor.com

[PR]
by bostonclothier | 2009-08-22 19:14 | BOSTON CLOTHIER
Boston Clothes ~ YOKOTA BOSTON を経て、


福生市横田基地にアメリカントラッドの
お店を
リニューアルオープンしました。
小さなお店ですが、内容の濃いお店にしていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
e0194451_2144731.jpg

Sack Suits

Cotton Coat

Top Coat

Shirts

Neckwear /
 Knits

Belts / Braces

Socks / Footwear

Accessories



これらの商品やお店の案内をブログで紹介していきます。




BOSTON CLOTHIER ボストンクロージャー

〒197-0011 東京都福生市福生2167

電話 042-551-2906

営業日 土曜・日曜 12:00〜20:00

www.bostonclothier.com

[PR]
by bostonclothier | 2009-08-20 19:30 | BOSTON CLOTHIER
←menuへ